めーどinはこだて

おでん 冨茂登(ふもと)

おでん 冨茂登(ふもと)

本町電車通りから丸井今井向かい側の道を少し入ったところにある『おでん 冨茂登』。昭和36年に宝来町で創業し平成18年本町へ移転。50年以上続く老舗です。創業以来継ぎ足している、秘伝のダシが染み込んだ美味しいおでんを食べさせてくれます。

おでん 冨茂登(ふもと)01

このピカピカの銅鍋。なんと創業時から50年以上使い込まれている年代物です!定番のおでん種はもちろん、トマトやアボガドなどの変り種も。伝統を守りつつ、新しい味に挑戦し続ける店長の心意気が嬉しいですね。

おでん 冨茂登(ふもと)02

おでんの他にも、店長が考案したお酒に合うオリジナル料理も多数取り揃えてます。こちらは「チーズの味噌漬け」。4種の味噌をブレンドした店長オリジナルの合わせ味噌を使い、約2週間漬け込んで作るという非常に手の込んだ一品です。

おでん 冨茂登(ふもと)03

クリームチーズを布で包み、水分を漉しながら漬けているので、クリームチーズが箸で持ち上げられるほど。でも、口どけはとっても柔らかなんです。水分が抜けてる分チーズの旨みが凝縮されており、そこに味噌の風味も相まって陶然とする美味しさに仕上がってます。

おでん 冨茂登(ふもと)04

こちらは、タラバ・ズワイ・毛ガニを合わせた「3大ガニクリームコロッケ」です。カニの風味が凄い事になってます……今まで皆さんが食べたカニクリームコロッケの常識を覆してくれること請け合いです!クリームも濃厚で、とっても美味でした。

おでん 冨茂登(ふもと)05

こちらは「根ボッケの味噌漬け」です。脂の乗った根ボッケに上品な味噌の味が映えます。取材なので飲みませんでしたが、猛烈にお酒が欲しくなる一品でした(笑)

おでん 冨茂登(ふもと)06

お酒といえば、冨茂登さんは函館に2件しか存在しない、「ザ・プレミアムモルツ<樽生>超達人店」にも選ばれています。こだわりの生ビールと各種料理を合わせて食べれば幸せな時間を過ごせること間違いなしです。

おでん 冨茂登(ふもと)07

平均ご予算は4,000円ほど。店内はカウンター10席・座敷10席の20席。アットホームな雰囲気で店長夫婦が迎えてくれます。

おでん 冨茂登(ふもと)08

お酒大好きな店長が考え抜いた自慢の酒の肴を味わいながら、楽しい夜を過ごしましょう!

コメント「来てくれたお客様を喜ばせる。ただそれだけ!」とは店長の談。家庭的でとても雰囲気の良いお店です。壁一杯に張られたメニューの中には「おやじ泣かせ」などの謎メニューも。詳細は是非、お店へ行って確かめてください(笑)

レポート公開日:2014年1月25日

エリア五稜郭・本町
ジャンル
所在地 MAPを見る 函館市本町4-9 五稜郭ハイム 1階
電話番号 0138-55-7799 電話をかける
営業時間17:30~22:30
定休日月曜日
座席数11~20
駐車場
備考

同じエリアの飲食店五稜郭・本町

炭火焼鳥 てる坊(すみびやきとり てるぼう)

2013年12月にリニューアルオープンした「炭火焼鳥 てる坊」。素材、鮮度にこだわって仕入れ、一本一本丁寧に仕込んだ串には...

美味しんぼ(おいしんぼ)

本町交番横のセブンイレブンの裏。新鮮な魚介類を使用した郷土料理を、お酒と一緒に楽しめるお店です。写真は「ホタテの浜焼...

喫茶CANVAS(キャンバス)

本町にあるホテルネッツ函館の、道路を挟んで斜め向かいにある小路を少し入った所に佇む『喫茶CANVAS』さん。落ち着きのある...

同じジャンルの飲食店

東京庵(とうきょうあん)

創業昭和11年、この場所で長きに渡り営業されているお店です。味もお蕎麦も昔の味を守りながら時代に合わせた味作りで地元に...

函館いか家(はこだていかや)

函館ひかりの屋台 大門横丁 ひかりの広場に面する場所にある中華風居酒屋「函館いか家」。いかの街函館らしく、いかを使っ...

海鮮処 函館山(かいせんどころ はこだてやま)

創業30年、市民にも観光客にも支持されている居酒屋「海鮮処 函館山」。新鮮な海の幸、山の幸がいっぱいのお店です。

  • 地域を選択
  • ジャンルを選択

飲食店オーナー様へ

「めーどinはこだて」へお店の情報を無料掲載しませんか? 当サイトでは、函館市内のグルメ・飲食店を無料で取材・撮影、記事作成し掲載しています。
お気軽にお問い合わせください

トップへ戻る