めーどinはこだて

そば処さんてい 柏木店

そば処さんてい 柏木店

市電柏木町電停のほど近く、創業60年を超える、市内でも指折りの老舗蕎麦店「そば処 さんてい 柏木店」。現在、三代目となる店主がお店を切り盛りしている。

そば処さんてい 柏木店01

こちらは「季節のかき揚げそば 850円」。蕎麦は道内産と北米産のそば粉を7:3~8:2の割合で合わせ、そば粉を皮ごと挽いている為、蕎麦本来の香りが鼻を抜ける。

そば処さんてい 柏木店02

ボリュームたっぷりで見た目にもインパクトのあるかき揚げは、季節折々の素材で構成される。今回は噴火湾産の甘エビ、厚沢部産の舞茸、北斗市産の軟白ネギ(長ネギ)と、地場産食材へのリスペクトも忘れない。ピンク色の岩塩で頂くのがおすすめ。

そば処さんてい 柏木店03

こちらは「王様しいたけのうまみそば 800円」。七飯町は福田農園産の王様しいたけは大きさ、味、まさに“王様”。餡かけのスープに閉じ込められた、王様しいたけの食感と旨味が食べた瞬間放出される珠玉の一品。

そば処さんてい 柏木店04

蕎麦が出来るまでの間、日本酒を引っ掛け、アテを楽しみながら待つという、江戸時代発祥の小粋な文化である「蕎麦前」をやっているのも同店の魅力。店主自ら足を運んで選んだ道南食材と津軽のお酒が提供される。写真は、八雲の服部醸造の味噌を使った「そばみそ」と「鶏の肝煮」。リーズナブルに楽しめる料金設定も嬉しい。

そば処さんてい 柏木店05

明るく開放感のある作りの店内には座敷席、掘りごたつ、椅子席があり、シーンや年齢層によって使い分け出来るのも魅力。

そば処さんてい 柏木店06

こちらは椅子席。ゆっくり過ごせる様に、柔らかいシートの椅子を使っているのも、「家族でわいわいしてほしい」という店主の想いがあってこそ。

コメント「子供連れの場合、お母さんが子供の食べられるものを注文して取り分けるケースが多い。自分の食べたいものを頼んで貰えるように、お子様メニュー(300円)を用意しています。」自身も子を持つ親として、「家族でわいわい」を店作りのコンセプトに掲げる店主らしい一言。「安全で美味しいものを食べて貰いたい。」そんな店主は週に一度、自らを育んだ道南の食材を探しに出掛けている。厳選されたこだわりの食材、是非一度味わってみては?

最終更新日: 2017年7月14日

エリアその他のエリア
ジャンル
所在地 MAPを見る 函館市柏木町7-32
電話番号 0138-52-1055 電話をかける
座席数41~50
営業時間ランチ11:00~16:00(L.o15:45)
ディナー17:00~21:00(L.o20:30)
定休日火曜日
駐車場
備考

同じエリアの飲食店その他のエリア

MEN TEPPEN(麺てっぺん)

2014年5月オープン。函館では珍しい“鶏白湯スープ”がウリのラーメン店です。鶏白湯はWhite(塩)とBlack(醤油)の2種類があり、...

函館麺や 一文字 函館亀田本町五稜郭駅前店(はこだてめんや いちもんじ)

市内でも有数の人気ラーメン店。その人気は函館市を飛び越え、全道に名を響かせており、今や大手コンビニにて監修したラーメ...

炭火焼肉 藤~ふじ~

川原町、函館工業高校のすぐ近くにある「炭火焼肉 藤」。2014年にオープンしたお店ですが、味とボリューム・良心的な価格設...

同じジャンルの飲食店

西園(さいえん)

市電「末広町電停」から歩いてすぐ、北島三郎記念館の真向かいにあるラーメン屋さん。地元民に愛され続けている隠れた名店です。

函館麺や 一文字 函館本店(はこだてめんや いちもんじ)

市内でも有数の人気ラーメン店の本店。その人気は函館だけに留まらず、全道に名を轟かせており、今や大手コンビニチェーン監...

津々井軒(つついけん)

2012年12月にオープンこだわりのお店です。オレンジ色の元気なビタミンカラーが目印です。

  • 地域を選択
  • ジャンルを選択

飲食店オーナー様へ

「めーどinはこだて」へお店の情報を無料掲載しませんか? 当サイトでは、函館市内のグルメ・飲食店を無料で取材・撮影、記事作成し掲載しています。
お気軽にお問い合わせください

トップへ戻る