めーどinはこだて

らーめん 炙 本店(あぶり ほんてん)

らーめん 炙 本店(あぶり ほんてん)

寒い冬、食べたくなるものの上位に必ずくるのが「ら-めん」。函館市近郊に系列店を含め多数店舗を展開する「らーめん炙 本店」より、一番人気の看板メニュー「炙 醤油らーめん 880円」をご紹介します。

らーめん 炙 本店(あぶり ほんてん)01

まず、目を引くのはこだわりの厚切りのチャーシュー。豚バラ肉を6時間煮込む事により、見た目とは裏腹に豚の角煮のようにとろとろな食感で濃厚なスープとも絡みは抜群です!

らーめん 炙 本店(あぶり ほんてん)02

縮れ麺を使用することにより、スープの旨みが麺に凝縮され、麺を啜るたびにスープの旨みが口の中へ・・・。

らーめん 炙 本店(あぶり ほんてん)03

スープは12時間~18時間じっくり煮込んだ、鶏がらと豚骨をベースにし、濃厚な中にチャーシューを炙った際の風味を凝縮した一品。麺、チャーシュー、その他の具材すべてに心地よくマッチし、らーめん好きな女性陣から、がっつり系を欲する男性層まで幅広く絶大な人気!!

らーめん 炙 本店(あぶり ほんてん)04

木目を基調とし、落ち着いた中に暖かい雰囲気が漂う店内は女性一人でも利用しやすく、取材時もカウンターに女性客の姿が。

らーめん 炙 本店(あぶり ほんてん)05

店内奥に小上がりもあり、友達、同僚などとまったり過ごすには最適!!

らーめん 炙 本店(あぶり ほんてん)06

お店の外観はずっしりとした重厚感があり、赤を背景にした黒抜きの「炙」の文字で見つけやすく、駐車場も店舗前の他に店舗裏手にもあります。

コメント今回、取材時に店長さんが不在だった為、店員さんにお話を聞きましたが、穏やかな雰囲気の方で、丁寧な対応をして頂き、非常に話しやすい印象を受けました。らーめんを作るときには「流れ作業にならず、一杯一杯、美味しくなるように心をこめて作る。」ように心がけているそうです。また、今回ご紹介したメニューの他にも平日限定でスタンダードな塩or醤油らーめんに炙チャーシュー丼のセット 950円、チャーマヨ丼のセット 850円があり、まんぷく感を欲する層にも対応しているのも魅力のひとつ。是非利用してみては。

レポート公開日:2015年1月9日

エリアその他のエリア
ジャンル
所在地 MAPを見る 函館市美原5丁目39-1
電話番号 0138-47-6647 電話をかける
営業時間[月~金]
11:30~15:00
17:00~21:30(L.o21:15)
[土・日・祝日]
11:00~16:00
17:00~21:30(L.o21:15)
※12/31は11:00~14:00
定休日年中無休(1/1休み)
座席数21~30
駐車場
備考

同じエリアの飲食店その他のエリア

横山珈琲店(よこやまこーひーてん)

1981年より函館市宮前町で営業を続ける珈琲店。こだわりの珈琲を提供し続けている名店です。他のお店では中々味わう事が出来...

函館麺工房 嵐(はこだてめんこうぼう あらし)

赤川線を五稜郭方面から美原方面に走ると右手にあるラーメン屋さん。写真は「嵐らーめん」の醤油味です。

炭火ジンギスカン ひつじどし

桐花通り沿い、エネオスのガソリンスタンドのお隣。最高級ラムのサフォーク種を1頭買いしているからこそできる美味しさと価格...

同じジャンルの飲食店

函館いか家(はこだていかや)

函館ひかりの屋台 大門横丁 ひかりの広場に面する場所にある中華風居酒屋「函館いか家」。いかの街函館らしく、いかを使っ...

そば処 江戸八(そばどころ えどはち)

昭和38年代より50年以上、2代に渡って営業を続ける名店。かつ丼は「函館で美味しいお店と言えば?」で挙げられることも多い人...

そば処満る大(そばどころ まるだい)

函館市電の終点、谷地頭の電停の少し先にあるそば処満る大。創業大正7年、函館でも屈指の老舗です。守り続ける伝統の技と味で...

  • 地域を選択
  • ジャンルを選択

飲食店オーナー様へ

「めーどinはこだて」へお店の情報を無料掲載しませんか? 当サイトでは、函館市内のグルメ・飲食店を無料で取材・撮影、記事作成し掲載しています。
お気軽にお問い合わせください

トップへ戻る