めーどinはこだて

旬味 鹿六 (しゅんみ かろく)

旬味 鹿六 (しゅんみ かろく)

本町丸井今井のほぼ裏手に位置する、『旬味 鹿六』。写真は人気メニュー「イカの叩き」。ふぐ刺しの技法を使い、絵皿が透けるくらい薄く切られたイカ。見た目も美しいですね!

旬味 鹿六 (しゅんみ かろく)01

ネギともみじおろしを巻いてポン酢で食べます。真っ赤に焼いたアミでイカに焼き目をつけ、香ばしさと甘さを引き出してます。薄く切られていますがイカの歯ごたえは充分。イカの甘さ・ネギのシャキシャキ感・もみじおろしの辛さ・ポン酢の酸味が混然一体となって口の中に広がります。活イカとは違う、イカの新しい魅力が引き出された一品です。

旬味 鹿六 (しゅんみ かろく)02

続いて、オープン当初からの伝統の一品「最強の厚焼き玉子」です。何が最強かって?写真では分かりづらいかもしれませんが、実は――卵10個を使って作られた巨大玉子焼きなんです!!

旬味 鹿六 (しゅんみ かろく)03

中には2人で完食する猛者もいるのだとか……。巻き方に秘密があるらしく、こんなに大きいのにふんわりしています。ちょっと甘めの味付けは、昔お母さんの作ってくれた玉子焼きを思い出してしまうかも?

旬味 鹿六 (しゅんみ かろく)04

メニュー数が非常に多いのも、この店の特徴です。 料理長が日々新メニューを考案し、美味しいメニューをどんどん増やしてます。入口に本日のおすすめ案内もあるので、要チェックですよ!

旬味 鹿六 (しゅんみ かろく)05

お酒の数も非常に充実してます。特にお薦めなのが、このビール。-2℃~0℃の間で作られる、氷点下のスーパードライこと「エクストラコールド」です!専用のサーバー(凍ってます……)でしか注げないので、函館市内でも3店舗でしか飲めないレアビールです。ちなみに、函館で一番最初にエクストラコールドを導入したお店が鹿六さんです。

旬味 鹿六 (しゅんみ かろく)06

店内は外観から想像できないほど広く、100以上の座席があります。各種ご宴会用途にも問題なし!

旬味 鹿六 (しゅんみ かろく)07

店内は全席掘りごたつになっており、ゆっくりとくつろげます。お洒落なカウンター席もあるので、一人飲みにも良いですよね。

旬味 鹿六 (しゅんみ かろく)08

2003年オープンの鹿六さん。「鹿六でしか食べられない料理を出したい」がモットーの料理長。地元食材を活かした新しいメニュー。未来の函館名物を先取り出来るかもしれませんよ?

コメント「宴会用にコース料理を頼んだ時でも、通り一遍のコース料理ではなく、お客の年齢層にあわせて出す料理を考える」という料理長の心配りが、長年の人気の秘訣かもしれません。多彩なメニューとお酒。迷った時には一考の価値アリ!なお店ですよ。

レポート公開日:2014年1月23日

エリア五稜郭・本町
ジャンル
所在地 MAPを見る 函館市本町31-8 池垣ビル 1F
電話番号 0138-33-4488 電話をかける
座席数101~
営業時間11:30~14:00
17:00~23:00
定休日日曜日
駐車場
備考

同じエリアの飲食店五稜郭・本町

sleek talart(スリークタラート)

2013年8月にリニューアルオープンした「スリーク タラート」。ヨーロッパの市場をモチーフにした空間はとてもお洒落で地元女...

Dining urra (ダイニング うらら)

本町にあるホテル『ドーミーイン函館五稜郭』1階にあるイタリアンレストラン。お洒落な室内空間とリーズナブルなセットメニュ...

立ち呑み 誘い誘われ(さそいさそわれ)

酒屋を営んでいるオーナーが銘酒のアンテナショップを目指し、入手困難な日本酒と焼酎をコップ1杯から格安で供給してくれる...

同じジャンルの飲食店

味処 きくよ食堂 本店・支店

函館朝市の名物食堂、「きくよ食堂」本店・支店。昭和31年創業の老舗、実はここが函館朝市海鮮丼発祥のお店なんですよ!炭炊...

居酒屋 兆治

市電「松風町電停」より徒歩3分。旬の新鮮な食材を生かした丁寧な料理を楽しめる居酒屋。「居酒屋 兆治」の赤ちょうちんが目印。

旬彩居酒屋 喜創(きそう)

本町交差点より行啓通りを通って徒歩2分ほど、カラオケシダックスさんのちょうど裏手にある「旬彩居酒屋 喜創」。本格和食を...

  • 地域を選択
  • ジャンルを選択

飲食店オーナー様へ

「めーどinはこだて」へお店の情報を無料掲載しませんか? 当サイトでは、函館市内のグルメ・飲食店を無料で取材・撮影、記事作成し掲載しています。
お気軽にお問い合わせください

トップへ戻る