めーどinはこだて

らーめん旭 昭和本店(らーめんあさひ しょうわほんてん)

らーめん旭 昭和本店(らーめんあさひ しょうわほんてん)

国道5号線を昭和方面に向かうと天八さんの隣にある「らーめん旭」さんをご紹介致します。写真は「こく味噌チャーシュー麺 1,050円」。厚切りのチャーシューをじっくり煮込んで大量に投入!!迫力満点です。

らーめん旭 昭和本店(らーめんあさひ しょうわほんてん)01

豚骨ベースの濃厚なスープが絡み易いようにちぢれ麺を使用しています。(チャーシュー抜き800円)

らーめん旭 昭和本店(らーめんあさひ しょうわほんてん)02

つけ麺はスープが醤油とごま辛みその2種類用意されており、いずれも800円。写真の醤油スープは鰹だしが効いており「THE和風」です。麺に卵黄を絡めてスープを潜らす。箸が止まりませんでした。

らーめん旭 昭和本店(らーめんあさひ しょうわほんてん)03

続いては「究極の担々麺 820円」。らーめん旭といえば、やっぱりこれ!という方も多いのではないでしょうか。店主が試行錯誤の上に完成させた逸品。濃厚なゴマペーストを使用し、辛さの中にゴマの風味が相まって絶妙なバランス。ファンが多いのも頷ける味です。

らーめん旭 昭和本店(らーめんあさひ しょうわほんてん)04

麺は地元の出口製麺とタッグを組んで生み出したオリジナル。自らの作るスープとの最善の相性を引き出す心意気が感じられます。

らーめん旭 昭和本店(らーめんあさひ しょうわほんてん)05

サイドメニューから「焼豚丼 350円」。一度炙った焼豚を細かく切り、自家製のタレをかけて仕上げた逸品。こってり系のらーめんとの相性もバッチリ!!

らーめん旭 昭和本店(らーめんあさひ しょうわほんてん)06

店内はテーブル席、カウンター席、小上がり席があり、赤と黒でスタイリッシュに整えられ、国道沿いで入りやすい店作りの為、客層は幅広い。取材時も店内の写真を撮るまで時間がかかるほど、客足は途絶えることがありませんでした。

コメント 「来店されたお客様に気持ちよく、美味しく食べて貰いたいので、明るく元気な接客を心がけています」と店主。メニューは一品一品考えこまれたものが多く、毎月9のつく日にはらーめん1杯550円という嬉しい企画も。(対象らーめんは毎月変わるそうです)何はともあれ、一度足を運んでみて下さい。

最終更新日: 2018年12月27日

エリアその他のエリア
ジャンル
所在地 MAPを見る 函館市昭和2丁目29-2
電話番号 0138-45-3505 電話をかける
座席数31~40
営業時間11:00~15:00(L.o)
17:30~22:00(L.o)
定休日月曜日(月曜祝日の場合は火曜日)
駐車場
備考

同じエリアの飲食店その他のエリア

MEN TEPPEN(麺てっぺん)

2014年5月オープン。函館では珍しい“鶏白湯スープ”がウリのラーメン店です。鶏白湯はWhite(塩)とBlack(醤油)の2種類があり、...

洋風ダイニング ふじい

大野新道沿い、パチンコ ガイヤさんの向かい側にお店を構える「洋食ダイニング ふじい」さん。なんといってもお勧めは、一頭...

らーめん 炙 本店(あぶり ほんてん)

寒い冬、食べたくなるものの上位に必ずくるのが「ら-めん」。函館市近郊に系列店を含め多数店舗を展開する「らーめん炙 本店...

同じジャンルの飲食店

函館麺や 一文字 函館亀田本町五稜郭駅前店(はこだてめんや いちもんじ)

市内でも有数の人気ラーメン店。その人気は函館市を飛び越え、全道に名を響かせており、今や大手コンビニにて監修したラーメ...

四季海鮮 旬花(しきかいせん しゅんか)

五稜郭タワー内にあるお店です。旬で新鮮な海鮮を中心とした懐石料理がお手頃価格で楽しめるので、観光地の真ん中にあるにも...

函館麺屋ゆうみん(はこだてめんや ゆうみん)

ボーニ森屋デパートの向かいにあるラーメンと中華料理のお店。お店は新しい感じですが1946年創業の歴史のあるお店です。

  • 地域を選択
  • ジャンルを選択

飲食店オーナー様へ

「めーどinはこだて」へお店の情報を無料掲載しませんか? 当サイトでは、函館市内のグルメ・飲食店を無料で取材・撮影、記事作成し掲載しています。
お気軽にお問い合わせください

トップへ戻る