めーどinはこだて

喫茶CANVAS(キャンバス)

喫茶CANVAS(キャンバス)

本町にあるホテルネッツ函館の、道路を挟んで斜め向かいにある小路を少し入った所に佇む『喫茶CANVAS』さん。落ち着きのある安らぎの室内空間と、こだわりの珈琲を始め、ひと手間かけた様々なオリジナルのフードメニューが人気のお店です。

喫茶CANVAS(キャンバス)01

ランチタイムは11:00~14:00まで。全てのフードメニューに、コーヒー・ミニデザート・サラダが付いてきます。写真は一番人気の「豆乳パングラタン」です。カリッと焼けたパンの中に入っているグラタンが美味しそうですね~。

喫茶CANVAS(キャンバス)02

ホワイトソースは豆乳を使用してヘルシーながらも、まろやかで濃厚。胡椒のスパイシーな風味も良いアクセントになっています。このソースが外側サックサク・内側モッチリとしたパンに絡まり、陶然となる美味しさでした。

喫茶CANVAS(キャンバス)03

こちらはミニデザートの「トマトの寒天」。トマト100%で作られている寒天は、自然な甘さが引き立ちサッパリと食べられます。ミニデザートは週代わりでケーキやゼリーなどに変わるので、毎週楽しみになりますね♪

喫茶CANVAS(キャンバス)04

コーヒーに定評のある同店。千葉県にある有名な老舗珈琲店『麻生珈琲店』から自家焙煎豆を仕入れ、淹れられています。クセが少なく、コーヒーが苦手と言う方にも好評頂いております。また、香り豊かなフレーバーティーを始め紅茶も好評です。どれを飲むか迷っちゃいますね~。

喫茶CANVAS(キャンバス)05

続いて人気ドリンク「抹茶ラテ」です。アイスとホットの2種類があり、今回はアイスをいただきました。実際に茶筅で点てた抹茶を使用しており、芳醇な抹茶の味を感じられます。トッピングで自家製寒天・生クリーム・ソフトクリームが付けられますので(全て別料金)、自分好みの飲み方を見つけるのも楽しそうですね。基本ノンシュガーですので、甘味の欲しい方は注文の際に頼むと自家製の白蜜を入れてくれます。

喫茶CANVAS(キャンバス)06

店内は白を基調に木目をアクセントにした落ち着いた空間で、日常のちょっとした息抜きで訪れ癒される――そんな居心地の良さを感じさせる雰囲気になっています。

コメント 2011年オープン。店名の「CANVAS(キャンバス)」という名前の由来は、隣が画廊という事で絵にちなんでこの名前にしたそうです。「いつでも気軽に来て貰える店にしたい」と語る、とても気さくなマスターご夫妻。ご夫妻とお話に来る常連さんも非常に多いそうです。味はもちろん、健康にも気遣いのされた優しい料理を始め、ご夫妻の思いやりが感じられるお店です。

最終更新日: 2018年12月27日

同じエリアの飲食店五稜郭・本町

福乃舎(ふくのや)

五稜郭の繁華街の中心で32年暖簾を守り続けている福乃舎さん。地場の新鮮な魚介や野菜を使った料理をリーズナブルな価格帯で...

旬味 鹿六 (しゅんみ かろく)

本町丸井今井のほぼ裏手に位置する、『旬味 鹿六』。写真は人気メニュー「イカの叩き」。ふぐ刺しの技法を使い、絵皿が透け...

鮨処 はん龍(すしどころ はんりゅう)

五稜郭本町の繁華街からほど近く。函館近海や道内でとれた旬の魚介類や、東京築地から直送される本マグロを食材に使用し、確...

同じジャンルの飲食店

はこだてミルク工房(はこだてみるくこうぼう)

函館赤レンガ倉庫群の中にあるソフトクリーム屋さん。運河を眺めながら食べるソフトクリームは格別です。おいしい函館牛乳を...

貝鮮 こはく

2014年8月に新規オープンした、貝料理がメインの居酒屋です。貝以外にも漁師や農家の方々から直接仕入れた道産の新鮮な食材が...

やきとりBAR蔵

5号線沿い、JR函館駅と五稜郭駅のちょうど真ん中当たりにお店を構える「蔵」さん。炭火で丁寧に焼く焼き鳥は絶品!注文を受け...

  • 地域を選択
  • ジャンルを選択

飲食店オーナー様へ

「めーどinはこだて」へお店の情報を無料掲載しませんか? 当サイトでは、函館市内のグルメ・飲食店を無料で取材・撮影、記事作成し掲載しています。
お気軽にお問い合わせください

トップへ戻る