めーどinはこだて

開陽亭 本店 (かいようてい)

開陽亭 本店 (かいようてい)

函館で初めて店内にイカ専用の水槽を持ち込み、活イカを提供したと言われています。今や押しも押されぬ函館名物の活イカ。その元祖といっても決して過言ではない名店です。写真は「イカとゴロの共焼き(780円)」です。この状態から目の前で火にかけ、陶板焼きにします。

開陽亭 本店 (かいようてい)01

こちらが完成品。アツアツの具材にとけたゴロを絡めて食べます。秘伝のタレに漬け込んだゴロの濃厚な風味がイカや野菜に染み渡り、得も言われぬ美味しさでした。ロングセラーの人気商品というのも納得です!

開陽亭 本店 (かいようてい)02

続いて「北海道かにクリームコロッケ(2個 960円)」です。カニ・牛乳・バター・小麦粉と、全て道産素材で作られています。手間ひまかけて作られたコロッケは、大きい蟹の身が入っており優しい味のクリームと良く絡んで、非常に美味でした!

開陽亭 本店 (かいようてい)03

肉料理も充実しています。「若鶏の半身揚げ(890円)」です。とっても大きいですよ!パリパリの皮とジューシーな肉の旨味が最高です♪塩加減も絶妙で、ビールに良く合いそうですね~。

開陽亭 本店 (かいようてい)04

店内には大きい水槽があり、この日も元気にイカが泳いでいました。函館で初めて店内水槽で活イカを出したので、当初は試行錯誤の連続でした。四角い水槽だとイカがぶつかって死んでしまうので丸い水槽にしたり、水も自分たちで運んで入れていたのだとか。

開陽亭 本店 (かいようてい)05

店内は広く、3階まであります。こちらは1階カウンター席。有名焼酎のボトルなどがたくさん並んでいますよ。

開陽亭 本店 (かいようてい)06

2階より上は個室や宴会席になっています。2階は30席、3階は50席ありますので、大人数での宴会も大丈夫ですよ。

開陽亭 本店 (かいようてい)07

お店は市電「五稜郭公園前」電停より徒歩5分ほど。赤い看板と、店の外からでも見える水槽が目印です。

コメント 今年で35年目を迎える開陽亭さん。開店当初はステーキハウスだったそうです。居酒屋に変わってからも25年以上の歴史を持ち、いまでは札幌に支店を持つほどの人気店になっています。地産地消にこだわった絶品料理の数々。皆様も是非一度ご賞味下さい!

レポート公開日:2014年8月5日

エリア五稜郭・本町
ジャンル
所在地 MAPを見る 函館市本町7-5
電話番号 0138-52-6225 電話をかける
座席数101~
営業時間17:00~23:00
定休日日曜日(連休の場合は最終日)
駐車場無し
備考

同じエリアの飲食店五稜郭・本町

鮨処 はん龍(すしどころ はんりゅう)

五稜郭本町の繁華街からほど近く。函館近海や道内でとれた旬の魚介類や、東京築地から直送される本マグロを食材に使用し、確...

函館活生酒場 いか次郎(いかじろう)

市民なら言わずと知れた、函館市内に数店舗チェーン展開している有名居酒屋“いか太郎”グループの1店。グループ共通で、鮮度の...

cafe&bar felice(フェリーチェ)

市電杉並町電停を降りて徒歩2分ほど。遺愛高校から本町方面に歩くとすぐのイタリアンカフェ。青い壁の可愛らしい外観が目を引...

同じジャンルの飲食店

洋食居酒屋 孝房

函館の屋台村“大門横丁”内にある「家庭料理 てらや」が、2014年11月に洋食居酒屋としてリニューアルオープンしました。地産...

やきとり鳥(おおとり)

本町の喧騒から少し離れた場所に店を構える、「やきとり鳥(おおとり)」。毎夜賑わいを見せる同店ご紹介します。まずは看板メ...

炉ばた 大謀

大門横丁内 光の広場に面する居酒屋。南茅部の網元が直営しており、旬の新鮮な魚介類がメニューに並びます。

  • 地域を選択
  • ジャンルを選択

飲食店オーナー様へ

「めーどinはこだて」へお店の情報を無料掲載しませんか? 当サイトでは、函館市内のグルメ・飲食店を無料で取材・撮影、記事作成し掲載しています。
お気軽にお問い合わせください

トップへ戻る