めーどinはこだて

阿佐利 本店(あさり ほんてん)

阿佐利 本店(あさり ほんてん)

函館で知らない人はいないのではないでしょうか?すきやき専門店 阿さ利。明治34年創業の老舗です。敷居が高そうと思われがちですが、リーズナブルなランチ1200円~もあるので気負いせずに楽しめます。

阿佐利 本店(あさり ほんてん)01

A5ランクのお肉!!!赤身と脂身のバランスがちょうどよくサシが綺麗に入っています。流石、精肉店の目利き!固体識別番号もしっかり書かれています。本日は竹のセットをいただきました。

阿佐利 本店(あさり ほんてん)02

すき焼きはお店の方が作ってくれます。しらたきを炒め水分を飛ばしてから玉ねぎ、長ネギ、椎茸、たけのこ、焼き豆腐、みつばを入れてお肉でふたをします。最後に出汁と割り下をかければグツグツと美味しいにおいが立ってきます。

阿佐利 本店(あさり ほんてん)03

お肉の色が変わってきたら食べ頃です。なんといっても割り下が美味しい!創業以来継ぎ足しながら使い続けているそうです。

阿佐利 本店(あさり ほんてん)04

たまごを潜らせてお口に運べば・・・感動の味です(T-T)

阿佐利 本店(あさり ほんてん)05

畳敷きの広い店内は個室もあり、まるで旅館のよう。ゆったりくつろげます。

阿佐利 本店(あさり ほんてん)06

足を曲げられない方のために腰まくらや低い座椅子も用意してあり、この気遣いが老舗のおもてなしなのでしょう。

阿佐利 本店(あさり ほんてん)07

創業以来3度の函館の大火を経験。現在の建物は昭和9年に築造のもので明治時代青森のお医者様の別荘を再構築したものだそうだ。総檜造りで趣きのある外観は老舗の風格を漂わせています。

阿佐利 本店(あさり ほんてん)08

何やら貫禄のあるお牛様。聞けば3度の火事を潜り抜けてきたのだとか。お店の歴史を見守ってきたのですね~!「うちは牛で商売させてもらってますから・・・」と微笑む女将さんが印象的でした。

コメント 接客、お料理、コストパフォーマンス、お店の雰囲気・・・どれをとっても大満足間違いなしです。関西風でも関東風でもないオリジナルのすき焼きでお腹も心も満たされました。「暖簾に恥じないように毎日コツコツ同じことをやっているだけです」その言葉がすべてを物語っています。次はコロッケを食べに来まーす!

レポート公開日:2013年6月10日

エリア十字街・ベイエリア
ジャンル
所在地 MAPを見る 函館市宝来町10-11
電話番号 0138-23-0421 電話をかける
座席数61~70
営業時間11:00~21:30(L.O20:30)
定休日水曜日
駐車場あり(10台)
備考

同じエリアの飲食店十字街・ベイエリア

自家焙煎珈琲 Café TUTU(ツツ)

昭和初期に建てられた古い蔵を改装し、店内はモダン。自家焙煎の珈琲と共に上質な時間を楽しめる金森エリアの人気カフェです。

Steak+Wine ひげバル

元町の五島軒本店さん向かいにある「ステーキ+ワイン ひげバル」さん。函館市本町にある「ステーキハンバーグひげ函館五稜郭...

蕎麦彩彩 久留葉(そばさいさい くるは)

大三坂にひっそり佇む、古民家を改造した蕎麦屋さん。趣があるお店でお呼ばれされた気分になります。

同じジャンルの飲食店

勇旬 いか太郎(ゆうしゅん いかたろう)

函館市内に数店舗展開する、活イカの有名店。活イカを始めとした新鮮な海の幸や、海鮮焼・生ラムジンギスカンが自慢のお店で...

はこ民 いか太郎(いかたろう)

函館市内に数店舗展開する活イカの有名店、いか太郎グループ。函館市民でも「活イカ」といえば、この店を連想する方も多いの...

まんてんや

市電「中央病院前」電停より徒歩3分程。数々の旬食材と、店長の確かな技術に裏打ちされた質の高いメニューが揃う居酒屋です。...

  • 地域を選択
  • ジャンルを選択

飲食店オーナー様へ

「めーどinはこだて」へお店の情報を無料掲載しませんか? 当サイトでは、函館市内のグルメ・飲食店を無料で取材・撮影、記事作成し掲載しています。
お気軽にお問い合わせください

トップへ戻る